人材紹介会社の収益を拡大するメディア
  • facebookでシェア
  • この記事をツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
ニュース
ニュース

【2021年9月最新】有効求人倍率は1.16倍 – 2か月ぶり改善も完全失業率は横ばい

    2021年10月29日、厚生労働省から「一般職業紹介状況(令和3年9月分)」が発表。2021年9月の有効求人倍率が公表されました。

    2021年9月の有効求人倍率は、1.16倍。製造業を中心に採用ニーズが拡大し、2か月ぶりに数値が改善しました。一方で正社員有効求人倍率はわずかに下降。また、完全失業率は横ばいのまま改善に向かっていない状況です。最新の有効求人倍率を1つ1つ解説します

    2021年9月最新有効求人倍率及び一般職業紹介の概況

    2021年9月の有効求人倍率は、1.16倍。前月に比べて0.02ポイント改善しています。

    正社員有効求人倍率(季節調整値)は0.91倍となり、前月から引き続き下降しています。

    9月の有効求人倍率は全体として見れば改善していますが、正社員有効求人倍率と完全失業率にも注視が必要。まだ予断を許さない状況です。

    製造業の採用ニーズ拡大が数値改善を牽引

    新規求人数は、前年同月比6.6%増。特に去年9月と比較して「製造業」はプラス32.4%。先月に引き続き、製造業の採用ニーズが回復傾向にあり有効求人倍率を全体して押し上げています。

    一方、8月には上昇した宿泊業・飲食サービス業、生活関連サービス業・娯楽業の有効求人倍率が再び減少に転じています。経済再開を受け、これらの業種でも「人手不足感の高まり」が一部ではみられますが、全体の数値としては依然として低調。コロナ禍でのダメージが大きい業種に対しては、一層の景気刺激策が求められていると言えるでしょう。

    正社員有効求人倍率は0.91倍

    2021年9月のパートやアルバイトを除いた正社員有効求人倍率は、0.91倍。前月に引き続き、わずかに下降しました。
    2020年1月からの正社員有効求人倍率の推移は以下の通りです。

    ・2020年1月 1.07倍
    ・2020年2月 1.05倍
    ・2020年3月 1.03倍
    ・2020年4月 0.98倍
    ・2020年5月 0.90倍
    ・2020年6月 0.84倍
    ・2020年7月 0.81倍
    ・2020年8月 0.78倍
    ・2020年9月 0.78倍
    ・2020年10月 0.79倍
    ・2020年11月 0.80倍
    ・2020年12月 0.81倍
    ・2021年1月 0.79倍
    ・2021年2月 0.82倍
    ・2021年3月 0.84倍
    ・2021年4月 0.88倍
    ・2021年5月 0.90倍
    ・2021年6月 0.94倍
    ・2021年7月 0.94倍
    ・2021年8月 0.92倍

    2021年に入ってからは、6か月連続で正社員有効求人倍率が上昇し続けましたが、2021年7月に入って足踏み。2021年8月からはわずかながら下降傾向に転じています。

    全体の有効求人倍率は改善傾向にあるものの、正社員有効求人倍率は下降しているということは「採用ニーズは少しずつ回復しているものの、正社員採用には慎重な企業が多い」ということです。

    従来であれば正社員雇用によって確保していた労働力を、コロナ禍ではフリーランス人材の活用や非正規雇用によって補う企業が増えています。そうした傾向の一端が、正社員有効求人倍率が感染拡大以前の水準に回復しない現状にあらわれていると言えるでしょう。

    完全失業率は横ばい

    有効求人倍率と並んで、国内の雇用情勢を把握するうえで有効な数値が「完全失業率」です。2021年9月の完全失業率は2.8%。3か月連続で横ばいとなりました。

    2021年9月の就業者数は6679万人と、前年同月比で10万人減少。なおコロナ感染拡大以前のおととしと比較すると、89万人減少しています。非正規労働者の減少幅はより大きく、おととしと比較すると143万人減少しています。

    緊急事態宣言の解除や経済再開による採用ニーズの回復が期待されてはいるものの、数値の回復には依然として時間がかかると見られます。また完全失業率が2.8%に抑えられている背景には雇用調整助成金の効果もあると考えられます。今後、段階的に助成金が減額された場合に各業界でどのような影響があるかも慎重な検討が必要です。

    まとめ

    有効求人倍率の最新数値について紹介しました。2021年9月の数値は全体としては回復したものの、正社員有効求人倍率は下降。完全失業率は横ばいでした。
    緊急事態宣言の解除や経済再開による採用ニーズの回復が数値として表れるには、まだ当面時間がかかると見られます。

    今すぐメルマガを登録する

    編集部では、人材紹介に関する様々な情報を無料で提供しています。お気軽にご登録ください!

    ニュース
    ニュース
    【2022年4月最新】有効求人倍率は1.23倍 – 完全失業率はコロナ前水準に回復
    ニュース
    【2022年4月最新】有効求人倍率は1.23倍 – 完全失業率はコロナ前水準に回復
    ニュース
    【2022年3月最新】有効求人倍率は1.22倍 – 景気の先行指標が前年比で改善傾向
    ニュース
    【2022年3月最新】有効求人倍率は1.22倍 – 景気の先行指標が前年比で改善傾向
    ニュース
    【2022年2月最新】有効求人倍率は1.21倍 – 求職者数はパート/正社員ともに減少傾向
    ニュース
    【2022年2月最新】有効求人倍率は1.21倍 – 求職者数はパート/正社員ともに減少傾向
    ニュース
    【2021年11月最新】有効求人倍率は1.15倍 – 横ばいも感染再拡大が懸念材料
    ニュース
    【2021年11月最新】有効求人倍率は1.15倍 – 横ばいも感染再拡大が懸念材料
    ニュース
    【2021年10月最新】有効求人倍率は1.15倍 – 宣言解除も「有効求人数の伸び」がやや鈍重
    ニュース
    【2021年10月最新】有効求人倍率は1.15倍 – 宣言解除も「有効求人数の伸び」がやや鈍重
    ニュース
    【2021年9月最新】有効求人倍率は1.16倍 – 2か月ぶり改善も完全失業率は横ばい
    ニュース
    【2021年9月最新】有効求人倍率は1.16倍 – 2か月ぶり改善も完全失業率は横ばい
    ニュース
    【2021年8月最新】有効求人倍率は1.14倍 – 経済再開を見越した人手不足感も
    ニュース
    【2021年8月最新】有効求人倍率は1.14倍 – 経済再開を見越した人手不足感も