人材紹介会社の収益を拡大するメディア
  • facebookでシェア
  • この記事をツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
市場動向
市場動向

発想の転換でブルーオーシャンを狙う!サーチ型人材紹介とは

人材紹介には大きく分けると2つの登録型とサーチ型というスキームがあります。本記事ではブルーオーシャンで戦える可能性がある「サーチ型」の人材紹介について解説しています。

人材紹介には大きく分けると2つのスキームがあります。「登録型」と呼ばれるスキームと「サーチ型」と呼ばれるスキームです。大多数は「登録型」というスキームを採用しています。これは求職者に個人情報を登録してもらい、求職者に対してマッチする求人を紹介する方法です。

しかし、昨今では人材紹介事業者の増加ペースが年々上がっており、登録型の人材紹介における求職者集客の競争率の激化は留まることを知りません。皆様の中にも、スカウトメールの返信率や面談設定率がどんどん低下してきたというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、発想の転換とも言える「サーチ型」の人材紹介について解説していきます。

 

サーチ型人材紹介とは

サーチ型人材紹介

求人企業から依頼を受けた求人案件に対して、人材を探していく手法が「サーチ型」人材紹介です。一般的にはヘッドハンティングとも言われています。転職を希望していない方も含めてのアプローチになるため、推薦に繋がる割合は登録型に比べて減少します。

そのため、基本的には報酬単価が大きくなる管理職などのエグゼクティブ層をターゲットに事業運営をしている人材紹介会社が多いです。また中にはリテーナーフィーと呼ばれる、定額顧問料を受け取る方式をとっている事業者もいます。これはサーチ期間に応じて無条件で企業から費用をもらう形です。それだけ採用が困難な層の依頼が多く、外部リクルーターのような立ち位置で最適な人材をスカウトしていきます。

 

ブルーオーシャンと言える理由

サーチ型人材紹介ブルーオーシャン

サーチ型人材紹介は、登録型に比べて、ブルーオーシャンのマーケットで戦える可能性があります。登録型の人材紹介では、数少ない積極的な求職者の奪い合いが行われています。転職顕在層と呼ばれる層は約400万人と言われており、この400万人を約3万社(従業員数はもっと多い)の紹介事業者が奪い合っています。小さな池でたくさんの釣り人が釣りをしているイメージです。

しかし、サーチ型は今は転職活動をしていないが転職をする可能性のある層にもリーチができます。これは転職潜在層を呼ばれ、同じく400万人程度いると言われています。この転職潜在層にアプローチしている紹介事業者は決して多くありません。先ほどの釣り人がたくさんいる小さな池を横目に、近くの大海原で1人で釣りができる可能性があるということです。

 

どうやってやっているのか?

サーチ型人材紹介 方法

求職者にアプローチする方法は様々です。
会社に直接電話でスカウトする事業者もいれば、LinkedinFacebookなどのビジネスSNSでスカウトメールを送っている事業者もいます。Linkedinは世界最大のビジネスSNSですが、利用している事業者はまだまだ少なく、これからの日本市場での成長も期待できるため、今のうちに利用しておくことが今後の資産となる可能性は多いにあります。

まずは要件に合う人材を見つけることが必要ですので、リサーチのためのデータベース、もしくは人脈を持っていることが必要になります。

 

なぜサーチ型の人材紹介会社は少ないのか?

サーチ型人材紹介 少ない

最後にデメリットの部分です。登録型に比べて売上をあげる難易度が高いことが上げられるでしょう。まず転職活動をしていない潜在層に対して「転職する」という意思決定をしてもらうことが必要になります。また、求人案件に相応しい求職者を探すというリサーチ業務も必要になるため、数多くの求職者を対応することが難しくなります。つまり、その分売上単価が高い、年収の高いハイクラス層と対峙することが必要です。

ハイクラス層から信頼されるだけの業界知識人間力がなければ、決して潜在層を顕在化し、求人案件に推薦することはできません。ここのハードルをクリアできる人材を抱える事業者のみが、高単価、そしてブルーオーシャンの市場で戦えると言えるかもしません。

 

まとめ

現在は登録型の人材紹介を運営している事業者の中でも、自身のコンサルティング能力に自信がある人は、サーチ型にチャレンジしてみても良いかもしれません。ハイレイヤー以外にも採用ニーズが強いが、転職市場に現れないエンジニアなどの領域も、サーチ型に適している領域といえます。

新しい領域にチャレンジするときは、できるだけリソースをかけずに、仮説検証を進めたいところです。サーチ型の求人を獲得して、初めてみたものの上手くいかなかった場合に、無駄な時間と使えない求人だけが負債として残ってしまうからです。

 

今すぐメルマガを登録する

編集部では、人材紹介に関する様々な情報を無料で提供しています。お気軽にご登録ください!

市場動向
市場動向
【2021年6月最新】有効求人倍率は1.13倍 – 完全失業率も改善
市場動向
【2021年6月最新】有効求人倍率は1.13倍 – 完全失業率も改善
市場動向
【2021年5月最新】有効求人倍率は前月比から横ばいも回復傾向顕著な地域も増加
市場動向
【2021年5月最新】有効求人倍率は前月比から横ばいも回復傾向顕著な地域も増加
市場動向
儲かる業界と儲からない業界の違いは?伸びる業種の見分け方・ビジネスモデルの分析手法
儲かる業界(業種)と儲からない業界(業種)の違いや、これから伸びる業種の見分け方やビジネスモデルの分析手法について紹介します。 記事の後半では、儲かる業界(業種)の具体例や、起業・事業立ち上げの際の注意点も解説します。
市場動向
儲かる業界と儲からない業界の違いは?伸びる業種の見分け方・ビジネスモデルの分析手法
儲かる業界(業種)と儲からない業界(業種)の違いや、これから伸びる業種の見分け方やビジネスモデルの分析手法について紹介します。 記事の後半では、儲かる業界(業種)の具体例や、起業・事業立ち上げの際の注意点も解説します。
市場動向
【2021年4月最新】有効求人倍率は前月比わずかに下降も新規求人数は回復傾向
2021年4月の有効求人倍率は、前の月をわずかに下回るもほぼ横ばいの水準が継続。一方で企業の新規求人が緊急事態宣言が初めて発令された2020年4月と比較して15%増加するなど、各社の採用意欲が徐々に回復し始めてもいます。 今回は、2021年4月の最新数値を1つ1つ紐解いていきます。
市場動向
【2021年4月最新】有効求人倍率は前月比わずかに下降も新規求人数は回復傾向
2021年4月の有効求人倍率は、前の月をわずかに下回るもほぼ横ばいの水準が継続。一方で企業の新規求人が緊急事態宣言が初めて発令された2020年4月と比較して15%増加するなど、各社の採用意欲が徐々に回復し始めてもいます。 今回は、2021年4月の最新数値を1つ1つ紐解いていきます。
市場動向
【21年3月および令和2年度最新】令和2年度有効求人倍率は46年ぶり下落幅。3月有効求人倍率は横ばい
2021年3月の有効求人倍率は横ばいながらもかすかな改善傾向があります。 一方で、令和2年度平均の有効求人倍率は前年度比0.45ポイント低下の1.10と1974年度以来の下落幅。改めて新型コロナのによる、経済へのダメージの大きさが浮き彫りになった形です。2021年3月及び令和2年度平均の有効求人倍率を読み解きます。
市場動向
【21年3月および令和2年度最新】令和2年度有効求人倍率は46年ぶり下落幅。3月有効求人倍率は横ばい
2021年3月の有効求人倍率は横ばいながらもかすかな改善傾向があります。 一方で、令和2年度平均の有効求人倍率は前年度比0.45ポイント低下の1.10と1974年度以来の下落幅。改めて新型コロナのによる、経済へのダメージの大きさが浮き彫りになった形です。2021年3月及び令和2年度平均の有効求人倍率を読み解きます。
市場動向
【2021年2月最新】有効求人倍率は低水準での横ばい継続。3都県で1倍を下回る
2021年2月の有効求人倍率が公表されました。 2021年2月の有効求人倍率は、低水準での横ばいが継続。 正社員有効求人倍率にごくわずかに改善の兆しが見られるも予断を許しません。一方で緊急事態宣言下でありながらも「失業率のさらなる低下に歯止めをかけることができた」という見方もあります。
市場動向
【2021年2月最新】有効求人倍率は低水準での横ばい継続。3都県で1倍を下回る
2021年2月の有効求人倍率が公表されました。 2021年2月の有効求人倍率は、低水準での横ばいが継続。 正社員有効求人倍率にごくわずかに改善の兆しが見られるも予断を許しません。一方で緊急事態宣言下でありながらも「失業率のさらなる低下に歯止めをかけることができた」という見方もあります。
市場動向
大手人材紹介会社4選!国内の代表的な人材紹介会社一覧や年収も紹介
今回は国内の主な大手人材紹介会社を4つ紹介します。大手人材紹介会社は主に「総合型」に分類されるエージェントが比較的多く、ターゲット層も取扱職種も多種多様であることが大きな特徴です。ただし、ハイクラス人材に特化しているエージェントも大きな売上高を記録しています。
市場動向
大手人材紹介会社4選!国内の代表的な人材紹介会社一覧や年収も紹介
今回は国内の主な大手人材紹介会社を4つ紹介します。大手人材紹介会社は主に「総合型」に分類されるエージェントが比較的多く、ターゲット層も取扱職種も多種多様であることが大きな特徴です。ただし、ハイクラス人材に特化しているエージェントも大きな売上高を記録しています。
市場動向
【2021年1月最新】有効求人倍率が1.1倍に上昇!数値改善も、緊急事態宣言の影響は続く
2021年1月の有効求人倍率は、2020年11月以来の改善傾向にあります。 一方で緊急事態宣言の影響もあり、就職活動自体を控え「求職者の母数全体が減っている」という見方もあり、引き続き市場の動向を慎重に見極める必要があるでしょう。
市場動向
【2021年1月最新】有効求人倍率が1.1倍に上昇!数値改善も、緊急事態宣言の影響は続く
2021年1月の有効求人倍率は、2020年11月以来の改善傾向にあります。 一方で緊急事態宣言の影響もあり、就職活動自体を控え「求職者の母数全体が減っている」という見方もあり、引き続き市場の動向を慎重に見極める必要があるでしょう。
市場動向
【2020年12月最新】正社員有効求人倍率及び2020年の平均有効求人倍率まとめ
厚生労働省から「一般職業紹介状況(令和2年12月分及び令和2年分)」が発表。2020年12月の正社員有効求人倍率と、2020年を通しての平均有効求人倍率が公表されました。最新数値を1つ1つ紐解きながら改めて新型コロナウイルスが人材紹介業に与えた影響や今後の展望を考察していきます。
市場動向
【2020年12月最新】正社員有効求人倍率及び2020年の平均有効求人倍率まとめ
厚生労働省から「一般職業紹介状況(令和2年12月分及び令和2年分)」が発表。2020年12月の正社員有効求人倍率と、2020年を通しての平均有効求人倍率が公表されました。最新数値を1つ1つ紐解きながら改めて新型コロナウイルスが人材紹介業に与えた影響や今後の展望を考察していきます。
市場動向
海外人材紹介の動向・市場環境・代表的企業・起業の方法を解説!外国人人材に注目が集まるのはなぜ?
外国人労働者の中でも、近年、特に注目度が高まっているのは「高度外国人材」です。 今回は外国人労働者の採用ニーズの拡大や、高度外国人材への注目の高まりを背景に、外国人人材紹介について1つ1つ解説いたします。
市場動向
海外人材紹介の動向・市場環境・代表的企業・起業の方法を解説!外国人人材に注目が集まるのはなぜ?
外国人労働者の中でも、近年、特に注目度が高まっているのは「高度外国人材」です。 今回は外国人労働者の採用ニーズの拡大や、高度外国人材への注目の高まりを背景に、外国人人材紹介について1つ1つ解説いたします。