人材紹介会社の収益を拡大するメディア
  • facebookでシェア
  • この記事をツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
求職者集客
求職者集客

【最新版】返信率10%超えも狙える!?スカウトメールの戦略ノウハウまとめ

本記事では、人材紹介事業の肝とも言える求職者集客の領域において、最も一般的な方法となっているスカウトメールのノウハウについて解説しています。

前回の記事では、紹介会社様の多くが苦労していると言われている求職者の集客方法についてまとめました。

今回は、その集客方法の中でも反響が大きかったスカウトメールでの集客について、深掘りしていきたいと思います。

 

一斉送信では返信が来ないのが当たり前!?

人材紹介 スカウトメール

人材紹介会社が急増しているのにもかかわらず、日本の労働人口は減少し続けており、転職サイトに登録している求職者が受け取るスカウトメールの量は増加する一方です。エンジニアのような採用ニーズが強い職種の候補者であれば、1日100通以上のスカウトメールを受け取っていると言われています。

このような状況もあり、一昔前のような個別の文面を用意せず、同一文面の一斉送信で、返信が来るような時代は終わったといえるでしょう。

もちろんブランディングが確立されている有名人材紹介会社のような場合は例外です。

では、こういった企業ブランドでは勝負ができない小規模紹介会社は、レッドオーシャンと言われる転職者データベースへのスカウトメールにおいて、どのような工夫をすればいいのでしょうか。

 

ターゲット候補者が返信する理由を一言で説明できるか

人材紹介 スカウト返信理由

日々大量にスカウトメールを受け取っている求職者が、あなたのスカウトメールに返信してくれる理由を、一言で説明できますか?

これを説明できないうちは、返信率を高めることができる可能性も低いでしょう。なぜなら、あくまでスカウトメールは、小さな仮説検証の繰り返しで返信率が高くなってくるものだからです。送ったメールの一つ一つに狙いがなければ、何を改善すればいいのか分からないまま、メール消化通数だけが増加していきます。

スカウトメールの返信率が高い事業者の場合は、求職者ターゲット毎に抱えている課題に対して仮説を立て、訴求ポイント毎に数パターンの文面を作成して、開封率/返信率の検証を繰り返しています。

下記が影響する要素だとすると、課題に対して数パターンの文面を作成します。こちらの要素を意識した文面を作成し、改善を繰り返すだけで、10%近い返信率の実現は難しくありません。

開封率

  • タイトルの長さ
  • タイトルの内容(課題で訴求するのか/魅力ポイントで訴求するのか)

返信率

  • 文面の長さ
  • 全体の構成
  • ターゲット毎の課題設定は適切か
  • 課題に対して、訴求するポイントが適切か
  • 上記主張を担保する根拠が信頼に値するか(内定率が高いことを訴求ポイントとするなら、その事例やエピソード、もしくは内定率などの数値)
  • 不安要素がないか(コーポレートサイトが存在しないなどのマイナス要素がないか) 
  • 求職者が取るべきアクションが明確か(返信するの?日程送るの?)

 

高返信率の事業者が口を揃える重要ポイントとは

スカウトメール 重要ポイント

スカウトメールには、簡単に返信率が10%以上に飛躍するような極秘ノウハウは存在しません。あくまで前章のポイントで、小さな改善を繰り返すことが大切です。

しかし、返信率が高い事業者が口を揃えて話していた重要なポイントがあります。

それは、ターゲット求職者をスカウトメールの文面で、どれだけ”自分ごと化”させるかということです。つまり、スカウトメールを受け取った求職者が、「自分のためにスカウトメールを送信してきてくれた」と思えるかが重要なのです。やはり求職者も、自分の課題やニーズをもっとも理解してくれそうなエージェントに、キャリア相談をしたいと思うことは自然な欲求と言えます。

つまり、ターゲットである求職者が抱えている課題をリアルにイメージし、抽象的な内容ではなく、できるだけ具体的な内容を持って、文面を作成できるのかという部分を意識するだけで、だいぶ返信率は変わってくるでしょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

上記の求職者が自分ごと化してしまう文章なのかというポイントを抑えつつ、開封率/返信率に関わる要素において、仮説検証を繰り返し、もっとも返信率の高いスカウトメール型を作り上げてみてください。

もちろん一斉送信で返信率が低かったとしても、時間当たりの返信効率が高い場合もありますので、時間や費用という概念にも意識を向けつつ、検証してみてください。

その際に必要になってくるのが、求人案件です。魅力的な求人案件がなければ、文面の改善を繰り返しても、返信率は上がってこないのが特徴です。そこで立ち上げ時期は求人データベースサービスを使う会社が増加しています。豊富な求人をスカウトサービスにも使うことができるからです。

 

今すぐメルマガを登録する

編集部では、人材紹介に関する様々な情報を無料で提供しています。お気軽にご登録ください!

求職者集客
求職者集客
リクナビNEXTエージェントネットワーク(RAN)とは?【小規模人材紹介会社の立ち上げ向け】
リクナビNEXTエージェントネットワーク(RAN)は、リクナビNEXTの人材データベースを外部の転職エージェントが利用できるサービス。リクナビNEXTに登録しているユーザーを対象に、人材紹介が可能となります。今回は、リクナビNEXTエージェントネットワーク(RAN)について詳しく解説します。
求職者集客
リクナビNEXTエージェントネットワーク(RAN)とは?【小規模人材紹介会社の立ち上げ向け】
リクナビNEXTエージェントネットワーク(RAN)は、リクナビNEXTの人材データベースを外部の転職エージェントが利用できるサービス。リクナビNEXTに登録しているユーザーを対象に、人材紹介が可能となります。今回は、リクナビNEXTエージェントネットワーク(RAN)について詳しく解説します。
求職者集客
【求職者集客向け】人材の集め方解説!優秀な人材の見極め方・募集の仕方
求職者集客
【求職者集客向け】人材の集め方解説!優秀な人材の見極め方・募集の仕方
求職者集客
IT系人材紹介を始めるには?プログラマー・エンジニア人材の集め方や求人開拓のコツ
IT人材への採用ニーズは堅調で、doda調べの有効求人倍率は7.29倍。IT人材は売り手市場であり、人材紹介会社にとっては参入しやすい分野でもあります。 今回はIT分野の人材紹介の立ち上げを検討している方に向け、事業の立ち上げ方や求職者・求人者の集め方を解説します。
求職者集客
IT系人材紹介を始めるには?プログラマー・エンジニア人材の集め方や求人開拓のコツ
IT人材への採用ニーズは堅調で、doda調べの有効求人倍率は7.29倍。IT人材は売り手市場であり、人材紹介会社にとっては参入しやすい分野でもあります。 今回はIT分野の人材紹介の立ち上げを検討している方に向け、事業の立ち上げ方や求職者・求人者の集め方を解説します。
求職者集客
人材紹介業の集客に役立つチラシ・ホームページデザインまとめ!
人材紹介業の運営には、求人者(企業)と求職者(個人)の集客が欠かせません。そして、集客の代表的な手段となるものが「求人広告」。チラシやホームページ、バナー広告などを活用した集客です。参考になるデザインをまとめました。
求職者集客
人材紹介業の集客に役立つチラシ・ホームページデザインまとめ!
人材紹介業の運営には、求人者(企業)と求職者(個人)の集客が欠かせません。そして、集客の代表的な手段となるものが「求人広告」。チラシやホームページ、バナー広告などを活用した集客です。参考になるデザインをまとめました。
求職者集客
【実録】エージェント集客における「Indeed」という選択肢
破竹の勢いで日本市場で成長を続けるIndeedですが、人材紹介会社の集客ソリューションとしては、どのような価値があるのでしょうか。実際に利用した筆者が実体験で感じたメリットデメリットについて解説しています。
求職者集客
【実録】エージェント集客における「Indeed」という選択肢
破竹の勢いで日本市場で成長を続けるIndeedですが、人材紹介会社の集客ソリューションとしては、どのような価値があるのでしょうか。実際に利用した筆者が実体験で感じたメリットデメリットについて解説しています。
求職者集客
人材紹介会社の起業時に会社HPは必要なのか
人材紹介会社の立ち上げ時に、会社HPは必要なのでしょうか。人材紹介会社を立ち上げている方、立ち上げを考えている方向けの、HP作成のメリットデメリットについて解説している記事です。
求職者集客
人材紹介会社の起業時に会社HPは必要なのか
人材紹介会社の立ち上げ時に、会社HPは必要なのでしょうか。人材紹介会社を立ち上げている方、立ち上げを考えている方向けの、HP作成のメリットデメリットについて解説している記事です。
求職者集客
紹介事業立ち上げ時の求職者集客に起きる3つの勘違い
紹介事業の立ち上げにおける求職者集客は、事業の成功可否において重要な要素です。本記事では、これから事業立ち上げをされる方々向けに、求職者集客におけるありがちな勘違いを3つに分類して紹介しています。立ち上げ中の紹介事業者の方々のご参考になれば幸いです。
求職者集客
紹介事業立ち上げ時の求職者集客に起きる3つの勘違い
紹介事業の立ち上げにおける求職者集客は、事業の成功可否において重要な要素です。本記事では、これから事業立ち上げをされる方々向けに、求職者集客におけるありがちな勘違いを3つに分類して紹介しています。立ち上げ中の紹介事業者の方々のご参考になれば幸いです。
求職者集客
人材紹介会社がリファラル集客を機能させるために必要なこと
求職者集客に困っている紹介事業者が多い中、リファラル集客に注目が集まっています。本記事では、そんなリファラル集客について解説しています。
求職者集客
人材紹介会社がリファラル集客を機能させるために必要なこと
求職者集客に困っている紹介事業者が多い中、リファラル集客に注目が集まっています。本記事では、そんなリファラル集客について解説しています。
求職者集客
Web上に情報がなく選定が困難?求職者集客サービスまとめ
「求職者集客の課題を解決するサービスを検討したいと思い、検索をしたがヒットしない」そのような課題をお持ちの方向けに、最新の求職者集客サービスについて、特徴とともにまとめました。
求職者集客
Web上に情報がなく選定が困難?求職者集客サービスまとめ
「求職者集客の課題を解決するサービスを検討したいと思い、検索をしたがヒットしない」そのような課題をお持ちの方向けに、最新の求職者集客サービスについて、特徴とともにまとめました。
求職者集客
【最新版】返信率10%超えも狙える!?スカウトメールの戦略ノウハウまとめ
本記事では、人材紹介事業の肝とも言える求職者集客の領域において、最も一般的な方法となっているスカウトメールのノウハウについて解説しています。
求職者集客
【最新版】返信率10%超えも狙える!?スカウトメールの戦略ノウハウまとめ
本記事では、人材紹介事業の肝とも言える求職者集客の領域において、最も一般的な方法となっているスカウトメールのノウハウについて解説しています。