人材紹介会社の収益を拡大するメディア
  • facebookでシェア
  • この記事をツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
事業立ち上げ
事業立ち上げ

リクルーティングアドバイザー(RA)とは?RAとCA(キャリアアドバイザー)の違いや仕事内容

    リクルーティングアドバイザーは「対企業(toB)」の業務のため、個人の転職希望者と接する機会はほぼありません。よって業務内容をイメージできない人も多いでしょう。 今回はリクルーティングアドバイザーの役割について、詳しく解説します。

    人材紹介会社の社員の役割は、大きく以下の2通りに分類されます。

    ・企業の採用ニーズをヒアリングし最適なマッチングを仲介する「リクルーティングアドバイザー(RA)」
    ・転職希望者に対してキャリアコンサルティングを行う「キャリアアドバイザー(CA)」

    1名の担当者が両方の役職を兼ねるケースもありますが、完全分業制の人材紹介会社も非常に多いです。

    キャリアアドバイザーは「対個人(toC)」の業務を行うため、人材紹介サービスの利用経験がある方にとってはイメージしやすい業務でしょう。

    一方でリクルーティングアドバイザーは「対企業(toB)」の業務のため、個人の転職希望者と接する機会はほぼありません。よって業務内容をイメージできない人も多いでしょう。

    今回はリクルーティングアドバイザーの役割について、詳しく解説します。

    リクルーティングアドバイザー(RA)とは?

    recruitment

    リクルーティングアドバイザー(RA)は、人材紹介会社の法人営業の担当者です。

    自身が担当する企業の経営者・役員や人事部門の責任者と商談し、その企業の採用ニーズを細部に到るまで把握。

    求める人材の要件を整理し、採用を実現するためのソリューションを提案。

    社内の人事制度や評価制度、年収や昇給条件なども整理した上で、求人票を作成。

    求人票をベースにキャリアアドバイザー(CA)と連携し、条件に合致する転職希望者を企業に紹介することを目指します。

    また上の内容に加えて、紹介先企業を増やすための新規開拓営業もリクルーティングアドバイザー(RA)の役割の1つです。

    仕事内容

    リクルーティングアドバイザーの主な仕事内容は以下の通りです。

    ・新規の紹介先企業を増やすための新規開拓営業
    ・紹介先企業の経営者、役員、人事部門責任者などとの商談
    ・企業の採用ニーズのヒアリングと棚卸し
    ・企業担当者に対する採用ソリューションの提案
    ・求人票の作成
    ・リクルーティングアドバイザーとの連携によるマッチングの実現

    リクルーティングアドバイザーの業務プロセス

    IT

    ここからはリクルーティングアドバイザーの業務プロセスの詳細を1つ1つ見ていきましょう。

    新規開拓

    経済への影響

    まずは紹介先企業の増加に向けた新規開拓です。

    業務への着手時点で、自社との取引がまだなく、なおかつ採用意欲が高いと見られる企業を業種別にリストアップ。営業リストに沿って、電話やメールなどでアプローチを行います。

    重要なポイントは「営業リストの品質」。

    たとえば自社が「フリーター」「第二新卒」など未経験者の求職者集客に強みを持っているとします。この場合、紹介先企業としては未経験者でも意欲があれば積極採用を行う傾向が強いベンチャーやスタートアップが候補として考えられます。

    ハイクラス層を求めている大企業やコンサルティングファーム、金融機関の求人を取り揃えたとしても現実的にマッチングが生まれづらいでしょう。

    自社のペルソナに沿っており、なおかつ求職者にとって「この企業で働きたい」と思えるような企業を1つ1つ取り揃えていきましょう。

    商談・ヒアリング

    求人者(企業)の担当者との商談機会を得たら、企業側の採用ニーズの詳細なヒアリングに移ります。

    ・求人募集の背景
    ・該当ポジションの人材に求められるスキル(必須条件・希望条件ともに)
    ・会社の魅力や競合他社との違い
    ・仕事の魅力
    ・人事制度の詳細

    などを1つ1つ聞き出し、できる限り具体的に歓迎条件や求める人物像などを把握しましょう。給与の目安や昇給条件、昇格条件なども明確に把握しましょう。

    なお、こうした詳細をヒアリングするためにはリクルーティングアドバイザー自身にも該当の業種に関する深い知識が必要です。業界知識の予習は必須です。

    採用ソリューション提案

    ヒアリングした内容をベースに、具体的な採用ソリューションを提案します。自社の人材紹介サービスの詳細を説明した上で、紹介手数料のパーセンテージや返金規定についても解説。人材紹介契約の締結を行います。

    人材紹介業のビジネスモデルは成果報酬型のため「商談機会を得ること」と「採用ソリューションの提案」「契約締結」まではスムーズに進むことが多いです。

    求人票作成

    資金繰り悪化による悪循環

    商談・ヒアリングで得た情報を、リクルーティングアドバイザーが「求人票」に書き起こします。

    求人票はキャリアアドバイザーを経由して、転職希望者の目に触れる資料となります。多くの転職希望者は、求人票に一度目を通した段階で「その企業の面接を受けたいか、受けたくないか」おおよその見当をつけます。

    よって、求人票作成は人材紹介会社にとって「マッチング数の増加」と「マッチング精度の向上」の両面において重要な要素です。

    リクルーティングアドバイザーの大きな腕の見せ所です。

    キャリアアドバイザーとの連携によるマッチング

    求人票の条件を満たす人材については、キャリアアドバイザーからリクルーティングアドバイザーに「推薦者」としてリストが渡されます。

    リクルーティングアドバイザーは、キャリアアドバイザーとともに推薦者の選考フォローを行います。

    また推薦者からの求人票に関する質問については、リクルーティングアドバイザーが企業側に1つ1つ確認。キャリアアドバイザーを介して、推薦者に返答を届けます。

    RA(リクルーティングアドバイザー)とCA(キャリアアドバイザー)の役割の違い

    ここまでリクルーティングアドバイザーの仕事内容や業務プロセスを1つ1つ見てきました。

    リクルーティングアドバイザーとキャリアアドバイザーの役割の違いを、改めてまとめて確認しましょう。

    RA(リクルーティングアドバイザー)

    担当範囲:toBの法人営業

    主な業務内容:紹介先企業の新規開拓および採用ソリューションの提案、求人票の作成

    想定される営業先:自社サービスのペルソナに合致した紹介先企業の経営者や役員、人事担当者

    求められるスキル:コミュニケーションスキル、紹介先企業の業務範囲に関する専門知識、ライティング能力など

    CA(キャリアアドバイザー)

    担当範囲:toCの転職希望者

    主な業務内容:転職希望者(個人)のキャリアコンサルティングおよびRAと連携した求人案件提案、選考サポート

    想定される営業先:自社の人材紹介会社を利用する個人

    求められるスキル:コミュニケーションスキル、紹介先企業の業務範囲に関する専門知識など

    リクルーティングアドバイザーに求められるスキル

    リクルーティングアドバイザーに求められるスキルとして、以下の3つを挙げました。

    ・コミュニケーションスキル
    ・紹介先企業の業務範囲に関する専門知識
    ・コピーライティング

    コミュニケーションスキルは法人営業には欠かせません。紹介先企業の担当者のインサイトを探り、採用ニーズを正確に把握するためには純粋に「会話を楽しむ能力」も大事です。

    一方で、採用ニーズを正確に把握するだけでなく、担当者が抱えている潜在ニーズも汲み取ってよりレベルの高い採用ソリューションを提供するには「紹介先企業の業務範囲に関する専門知識」も欠かせません。

    リクルーティングアドバイザーには、紹介先企業に対する採用ソリューションの品質を上げるためにその業界に関する専門資格の勉強をする人も多いです。

    最後に「コピーライティング」です。求人票は内容を「漏れなく正しく書く」ことも大事ですが、その企業の求人案件を「魅力的だと転職希望者に思わせること」も大事です。その企業の魅力を言語化し、競合との差別化ポイントを明確化し、求人票に落とし込むコピーライティングに関するセンスも大切な要素。

    たとえその企業の求人が、年収や業務内容においては良くも悪くも「普通」のものだったとしても、優れた求人票は「とりあえず一回選考を受けてみよう」と思わせることができるでしょう。

    まとめ

    リクルーティングアドバイザーの業務内容や業務のプロセス、必要なスキルをまとめました。人材紹介業の立ち上げを検討していて、募集ポジションを検討している方や、リクルーティングアドバイザーへの転職を検討している方はぜひ参考にしてください。

    今すぐメルマガを登録する

    編集部では、人材紹介に関する様々な情報を無料で提供しています。お気軽にご登録ください!

    事業立ち上げ
    事業立ち上げ
    人材紹介会社経由の転職で人材がすぐ辞めた場合、どうなる?返金規定・退職理由まとめ
    「人材紹介会社経由の転職で、人材がすぐ辞めた場合」に具体的にどのようなことが起きるのかを、求職者向け・人材紹介会社向けにそれぞれ解説します。 返金規定や、そもそも「人材の早期退職理由は何か」「人材の早期退職はどのようにすれば防げるのか」など1つ1つ紹介していきます。
    事業立ち上げ
    人材紹介会社経由の転職で人材がすぐ辞めた場合、どうなる?返金規定・退職理由まとめ
    「人材紹介会社経由の転職で、人材がすぐ辞めた場合」に具体的にどのようなことが起きるのかを、求職者向け・人材紹介会社向けにそれぞれ解説します。 返金規定や、そもそも「人材の早期退職理由は何か」「人材の早期退職はどのようにすれば防げるのか」など1つ1つ紹介していきます。
    事業立ち上げ
    人材紹介会社の営業職(CA・RA)や経営者を目指す人におすすめの本3選
    材紹介会社の営業職(CA・RA)を目指す人や、自ら人材紹介の許認可取得し、会社を立ち上げることを目指している人向けのおすすめ本を3冊紹介します。 人材紹介業の基本的な仕事内容をまとめた本から、転職エージェントの経営者が自ら執筆した本まで幅広く紹介します。
    事業立ち上げ
    人材紹介会社の営業職(CA・RA)や経営者を目指す人におすすめの本3選
    材紹介会社の営業職(CA・RA)を目指す人や、自ら人材紹介の許認可取得し、会社を立ち上げることを目指している人向けのおすすめ本を3冊紹介します。 人材紹介業の基本的な仕事内容をまとめた本から、転職エージェントの経営者が自ら執筆した本まで幅広く紹介します。
    事業立ち上げ
    人材紹介の流れを解説!紹介から就業に至るまでのプロセスまとめ
    人材紹介の一連のプロセスについて解説します。また「辞退率が高いステップはどこ?」や「手数料の発生タイミングはいつ?」など、人材紹介の流れに関連してよくある質問もまとめました。
    事業立ち上げ
    人材紹介の流れを解説!紹介から就業に至るまでのプロセスまとめ
    人材紹介の一連のプロセスについて解説します。また「辞退率が高いステップはどこ?」や「手数料の発生タイミングはいつ?」など、人材紹介の流れに関連してよくある質問もまとめました。
    事業立ち上げ
    人材紹介の請求書の書き方&請求書の発行タイミングと入金タイミングについて
    人材紹介の請求書の書き方や、請求書の発行タイミングと実際の入金タイミングについて解説します。特に規定の書式などがあるわけではなく、請求書の形式には自由度があります。近年では人材紹介会社向けのシステムに請求書発行機能が内包されていることも少なくありません。一方で、請求書の書き方や送り方に注意点もあり、事前に確認しておきましょう。
    事業立ち上げ
    人材紹介の請求書の書き方&請求書の発行タイミングと入金タイミングについて
    人材紹介の請求書の書き方や、請求書の発行タイミングと実際の入金タイミングについて解説します。特に規定の書式などがあるわけではなく、請求書の形式には自由度があります。近年では人材紹介会社向けのシステムに請求書発行機能が内包されていることも少なくありません。一方で、請求書の書き方や送り方に注意点もあり、事前に確認しておきましょう。
    事業立ち上げ
    【人材紹介会社向け】紹介会社に手数料を支払わない求人企業への対応法
    人材紹介会社の担当者向けに「紹介会社に手数料を支払おうとしない企業」への対処法を紹介します。紹介手数料の支払いをしない企業は「中抜き」をしているか「キャッシュフローに問題があり、紹介手数料の支払いが難しい」ケースが多いです。
    事業立ち上げ
    【人材紹介会社向け】紹介会社に手数料を支払わない求人企業への対応法
    人材紹介会社の担当者向けに「紹介会社に手数料を支払おうとしない企業」への対処法を紹介します。紹介手数料の支払いをしない企業は「中抜き」をしているか「キャッシュフローに問題があり、紹介手数料の支払いが難しい」ケースが多いです。
    事業立ち上げ
    人材紹介プラットフォームとは?運営に「有料職業紹介」許認可取得は必要?
    人材紹介会社向けのサービスを運営する際には、プラットフォームの運営元にも有料職業紹介の許認可取得が求められるケースがあります。HRテック事業者にも免許取得が必要な理由や免許を取得しない場合のリスクも考察していきます。人事や採用業務にAI(人工知能)やクラウドなどのテクノロジーを応用し、人事業務を効率化。事業者の生産性を高める「HRテック」が注目を集めています。 HRテックの一環として、人材紹介業においても事業者向けのクラウドサービス … "人材紹介プラットフォームとは?運営に「有料職業紹介」許認可取得は必要?" の続きを読む
    事業立ち上げ
    人材紹介プラットフォームとは?運営に「有料職業紹介」許認可取得は必要?
    人材紹介会社向けのサービスを運営する際には、プラットフォームの運営元にも有料職業紹介の許認可取得が求められるケースがあります。HRテック事業者にも免許取得が必要な理由や免許を取得しない場合のリスクも考察していきます。人事や採用業務にAI(人工知能)やクラウドなどのテクノロジーを応用し、人事業務を効率化。事業者の生産性を高める「HRテック」が注目を集めています。 HRテックの一環として、人材紹介業においても事業者向けのクラウドサービス … "人材紹介プラットフォームとは?運営に「有料職業紹介」許認可取得は必要?" の続きを読む
    事業立ち上げ
    人材紹介業に関心がある方向け!おすすめ人材紹介ブログ・オウンドメディアまとめ
    人材紹介業に関心がある方に向けておすすめの人材紹介関連のブログやオウンドメディアを紹介します。特に人材紹介業の開業や独立、起業などを検討している方はぜひ情報収拾の参考にしてください。
    事業立ち上げ
    人材紹介業に関心がある方向け!おすすめ人材紹介ブログ・オウンドメディアまとめ
    人材紹介業に関心がある方に向けておすすめの人材紹介関連のブログやオウンドメディアを紹介します。特に人材紹介業の開業や独立、起業などを検討している方はぜひ情報収拾の参考にしてください。
    事業立ち上げ
    リクルーティングアドバイザー(RA)とは?RAとCA(キャリアアドバイザー)の違いや仕事内容
    リクルーティングアドバイザーは「対企業(toB)」の業務のため、個人の転職希望者と接する機会はほぼありません。よって業務内容をイメージできない人も多いでしょう。 今回はリクルーティングアドバイザーの役割について、詳しく解説します。
    事業立ち上げ
    リクルーティングアドバイザー(RA)とは?RAとCA(キャリアアドバイザー)の違いや仕事内容
    リクルーティングアドバイザーは「対企業(toB)」の業務のため、個人の転職希望者と接する機会はほぼありません。よって業務内容をイメージできない人も多いでしょう。 今回はリクルーティングアドバイザーの役割について、詳しく解説します。
    事業立ち上げ
    営業人材に特化した人材紹介を始めるには?営業人材の集め方・求職者集め・求人開拓のコツ
    事業立ち上げ
    営業人材に特化した人材紹介を始めるには?営業人材の集め方・求職者集め・求人開拓のコツ
    事業立ち上げ
    人材紹介業・職業紹介の返金規定とは?相場や人材の早期退職時の対応方法
    一般的に人材紹介会社では、紹介した人材が早期退職した場合の求人者(企業)向け補償として「返金規定」を設けています。 返金規定の詳細を1つ1つ見ていきましょう。
    事業立ち上げ
    人材紹介業・職業紹介の返金規定とは?相場や人材の早期退職時の対応方法
    一般的に人材紹介会社では、紹介した人材が早期退職した場合の求人者(企業)向け補償として「返金規定」を設けています。 返金規定の詳細を1つ1つ見ていきましょう。