人材紹介会社の収益を拡大するメディア
  • facebookでシェア
  • この記事をツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
人材派遣
人材派遣

人材斡旋(あっせん)とは?人材斡旋と紹介業、人材派遣の違いを解説

    「人材斡旋と人材紹介は、何が違うのか」「人材斡旋と人材派遣は、何が違うのか」など言葉の定義を正確に把握し切れていない方も多いのではないでしょうか。 人材斡旋の定義を1つ1つ解説します。

    今回は「人材斡旋(あっせん)」について解説します。

    あっせんとは「間に入って双方をうまく取り持つこと」を意味する言葉です。転職市場でも「あっせん」という言葉は日常的に使われる言葉です。

    とはいえ「人材斡旋と人材紹介は、何が違うのか」「人材斡旋と人材派遣は、何が違うのか」など言葉の定義を正確に把握し切れていない方も多いのではないでしょうか。

    人材斡旋の定義を1つ1つ解説します。

    人材斡旋(あっせん)とは?

    人材斡旋(あっせん)とは「求職者(個人)と求人者(企業)の間に入って双方をうまく取り持つ」ことを意味します。

    人材斡旋の定義は?紹介業との違い

    職業安定法第4条第1項では、職業紹介は「1.求人及び2.求職の申込を受け、求人者と求職者との間における3.雇用関係の成立を4.あっせんすることをいう。」と定義されています。

    各項目の定義は以下の通りです。

    1 求人
    報酬を支払って自己のために他人の労働力の提供を求めることをいいます。

    2 求職
    報酬を得るために自己の労働力を提供して職業に就こうとすることをいいます。

    3 雇用関係
    報酬を支払って労働力を利用する使用者と、労働力を提供する労働者との間に生じる使用・従属の法律関係をいいます。

    4 あっせん
    求人者と求職者との間をとりもって、雇用関係が円滑に成立するように第三者として世話をすることをいいます。

    引用元:東京労働局

    斡旋は「職業紹介を行うための手段」であると言えるでしょう。

    人材斡旋会社は一般的に「人材紹介会社」「転職エージェント」と呼ばれる

    人材斡旋(あっせん)は、職業紹介を成立させるために「求人者と求職者との間をとりもつ」ことです。

    つまり、人材斡旋会社が手がける事業は「職業紹介」です。よって、人材斡旋会社と「人材紹介会社」「転職エージェント」は同義です。

    人材斡旋会社が提供する主な紹介サービス

    office

    人材斡旋会社が提供する主なサービスは、以下の通りです。

    求職者向け

    求職者に対しては、一例として以下のようなサービスを提供します。

    ・キャリアコンサルティング
    ・求人案件紹介
    ・履歴書作成サポート
    ・面談サポート
    ・雇用条件の調整
    ・雇用契約書締結サポート

    人材紹介会社・人材斡旋会社向けの「求職者集客」についてはこちらの記事で解説しています。

    求人者向け

    求人者に対しては、一例として以下のようなサービスを提供します。

    ・求める人物像等に関するヒアリング
    ・採用戦略の提案
    ・求職者の獲得
    ・(要望に応じて)ヘッドハンティング
    ・面談サポート
    ・雇用条件の調整
    ・雇用契約書締結サポート

    国内の代表的な人材紹介会社20社を以下の記事で紹介しています。事業領域やターゲットとする層を企業ごとに比較すると、業界研究の参考になります。

    人材斡旋(あっせん)と人材派遣の違い

    最後に、人材斡旋と人材派遣の違いについてまとめます。
    こちらの記事も、併せて参考にしてください。

    【2021年最新版】人材紹介と人材派遣の違いについて「利益率」など7つの項目で徹底解説

    ビジネスモデルの違い

    人材斡旋は、求職者と求人者のマッチングに特化します。よって求職者は、求人企業に直接契約されることが前提。
    斡旋を手がける人材紹介会社は、マッチング成立時に紹介手数料の支払いを受けます。人材紹介のビジネスモデルは、こちらの記事で紹介しています。

    市場規模と将来性

    人材業界の市場規模は、7兆円を超えています。そのうち6兆円以上を占めるのが人材派遣業。人材紹介業の市場規模は3000億円ほどです。しかし、人材紹介業は「2009年度以降、右肩上がりでの市場拡大が続く成長産業である」ことが特徴です。
    市場規模の詳細なデータは、こちらの記事にまとめています。

    派遣業は市場規模は大きいものの、営業利益率が1.2%前後。利益率が他業種と比較して、極めて小さいことが「業界の将来性」を検討する上での懸念点です。

    人材派遣業から人材紹介業に新規参入するプレイヤーも増えており、業界は変革期にあると言えるでしょう。

    人材業界の市場動向については、人材紹介マガジンを運営する「agent bank」で無料のeBookも配布しています。以下のURLよりダウンロードできるため、ぜひ参考にしてください(※Eメールアドレスの登録が必要です)

    ・agent bank 無料eBook

    まとめ

    人材斡旋について詳しく解説しました。「人材斡旋」の定義を確認し、業界研究を行う際の参考にしてください。

    今すぐメルマガを登録する

    編集部では、人材紹介に関する様々な情報を無料で提供しています。お気軽にご登録ください!

    人材派遣
    人材派遣
    派遣法とは?わかりやすく解説!2021年1月・4月施行の労働者派遣法の改正ポイントまとめ
    人材派遣
    派遣法とは?わかりやすく解説!2021年1月・4月施行の労働者派遣法の改正ポイントまとめ
    人材派遣
    紹介予定派遣の手数料の相場はいくら?派遣期間と料率の関係は?
    人材派遣
    紹介予定派遣の手数料の相場はいくら?派遣期間と料率の関係は?
    人材派遣
    人材斡旋(あっせん)とは?人材斡旋と紹介業、人材派遣の違いを解説
    「人材斡旋と人材紹介は、何が違うのか」「人材斡旋と人材派遣は、何が違うのか」など言葉の定義を正確に把握し切れていない方も多いのではないでしょうか。 人材斡旋の定義を1つ1つ解説します。
    人材派遣
    人材斡旋(あっせん)とは?人材斡旋と紹介業、人材派遣の違いを解説
    「人材斡旋と人材紹介は、何が違うのか」「人材斡旋と人材派遣は、何が違うのか」など言葉の定義を正確に把握し切れていない方も多いのではないでしょうか。 人材斡旋の定義を1つ1つ解説します。
    人材派遣
    派遣法の3年ルールはなぜ必要?直接雇用への切り替えに紹介手数料はかかる?
    派遣法では、同じ職場・部署で有期雇用派遣社員として働ける期間は最長3年に制限されています。 そのため、派遣会社は派遣先に対し「派遣社員を直接雇用に切り替える」ことを提案することもあります。その際、紹介手数料を請求するには有料職業紹介の資格を取得することも必要です。
    人材派遣
    派遣法の3年ルールはなぜ必要?直接雇用への切り替えに紹介手数料はかかる?
    派遣法では、同じ職場・部署で有期雇用派遣社員として働ける期間は最長3年に制限されています。 そのため、派遣会社は派遣先に対し「派遣社員を直接雇用に切り替える」ことを提案することもあります。その際、紹介手数料を請求するには有料職業紹介の資格を取得することも必要です。
    人材派遣
    【人材サービス事業者向け】派遣と請負の違いとは?偽装請負と見なされるリスクを避けるには
    人材ビジネスの開業や事業運営を行う際、案件ごとにクライアントと「派遣契約を結ぶべきか」「請負契約を結ぶべきか」は異なります。派遣や請負に限らず、準委任契約や人材紹介の契約を結ぶべき場面もあります。 より詳しく、1つ1つ解説していきます。
    人材派遣
    【人材サービス事業者向け】派遣と請負の違いとは?偽装請負と見なされるリスクを避けるには
    人材ビジネスの開業や事業運営を行う際、案件ごとにクライアントと「派遣契約を結ぶべきか」「請負契約を結ぶべきか」は異なります。派遣や請負に限らず、準委任契約や人材紹介の契約を結ぶべき場面もあります。 より詳しく、1つ1つ解説していきます。
    人材派遣
    【事業者向け】派遣・業務委託・請負の違いとメリット・デメリット・注意点を解説
    人材派遣
    【事業者向け】派遣・業務委託・請負の違いとメリット・デメリット・注意点を解説
    人材派遣
    派遣社員は厚生年金への加入が必要?年金はいくらもらえる?入りたくない場合は?
    今回は派遣社員の厚生年金加入の可否や義務について解説します。また記事の後半では、社会保険料が派遣会社にとって「意外に大きな負担」であることも考察していきます。
    人材派遣
    派遣社員は厚生年金への加入が必要?年金はいくらもらえる?入りたくない場合は?
    今回は派遣社員の厚生年金加入の可否や義務について解説します。また記事の後半では、社会保険料が派遣会社にとって「意外に大きな負担」であることも考察していきます。
    人材派遣
    人材派遣管理システムを選ぶ際の7個のポイント解説!代表的な5つのサービスも
    人材派遣
    人材派遣管理システムを選ぶ際の7個のポイント解説!代表的な5つのサービスも
    人材派遣
    人材派遣会社の利益率と「儲かるのか」を解説。マージン率は取りすぎ?妥当?
    人材派遣会社のマージン率は、労働者の給与に対して3割が目安。一方で利益率は1.2%程度です。 つまり、人材派遣業は「巨大産業」であると同時に非常に利益率が低い業種でもあります。人材派遣業の利益率とマージン率の内訳などについて、1つ1つ見ていきましょう。
    人材派遣
    人材派遣会社の利益率と「儲かるのか」を解説。マージン率は取りすぎ?妥当?
    人材派遣会社のマージン率は、労働者の給与に対して3割が目安。一方で利益率は1.2%程度です。 つまり、人材派遣業は「巨大産業」であると同時に非常に利益率が低い業種でもあります。人材派遣業の利益率とマージン率の内訳などについて、1つ1つ見ていきましょう。
    人材派遣
    人材派遣会社の起業完全ガイド【2021年最新版】
    人材派遣会社を設立するために必要な準備を、1つ1つ網羅した記事です。人材紹介事業運営経験がない方でも、準備に必要なことを体系的に学ぶことができます。
    人材派遣
    人材派遣会社の起業完全ガイド【2021年最新版】
    人材派遣会社を設立するために必要な準備を、1つ1つ網羅した記事です。人材紹介事業運営経験がない方でも、準備に必要なことを体系的に学ぶことができます。